上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小野土地区画整理事業を舞台に胡散臭い話が数年来飛び交ってきた・・・そして、1つの区切りである今月末をむかえようとしている。
究極のウルトラCとして出てきた話がアンサー事業団の融資話だった!
元建設省OBと称するヨツモト氏なる人物が様々なところで登場してくるが、彼が自らを建設省OBと自称するだけの根拠に未だ私は辿り着いていない。
欲の塊だと言われても仕方ない出資者達は、まだかまだかと息をのんで事業開始を待っている。
だが・・・おそらくその日が訪れることはないだろう。
私の中での答えは既に出ている。死人まで出た小野土地区画整理事業をこれ以上むやみに振り回すのは犯罪そのものである。
この不況の最中、誰が日本の片田舎に数百億円の資金を投資するのだろうか?やらねばならぬ区画整理事業は鹿児島市内には山ほど存在する。
出来ぬことをあたかも出来ると吹聴し、夢を見続けることは終わりにすべきだろう。
これ以上の被害が拡大しないためにも地元紙などがキチンと調査し、真実を伝えるべきだ。

小野土地区画整理事業がアンサー事業団を主体としスタートすることは絶対にない。
0パーセントの確率に期待するようなものだ。
ヨツモト氏が1日も早く白旗を挙げることが混乱の解決ではなかろうか?



もうすぐ8月・・・・・談合の島種子島での大型入札が近づいてきた!
2社JVでの受注となるようだが種子島の入札参加資格を有する諸君は頑張ってますか?
たしか西之表市に営業所がなきゃ参加資格なかったんだよね?
まぁ~バレバレにならぬよう談合してね♪
今回は公正取引委員会が注目してるようだし・・・・タイミング悪かったよね、奄美大島の龍郷事件の後だし・・・奄美大島を含む離島での入札が未だ談合だと内定されてるし・・・大手数社は談合には参加してないが入札結果を見れば疑惑の目で見られても仕方ないよね。
離島の発注者には言いたいことが山ほどあるよ!鹿児島県警も龍郷事件で終わりじゃなく他の地域もガンガンやったほうがいいんじゃないかな?
離島はサンズイ事件がゴロゴロ転がってるよん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。